インプラントと治療と健康の関係とは?インプラントにする3つのメリット | Grocery Shopping

インプラントと治療と健康の関係とは?インプラントにする3つのメリット

噛む力が戻る?食事への影響は?

虫歯や歯槽膿漏で歯を失った時に、治療方法として候補に挙がるのが入れ歯にするか、インプラントにするかになります。入れ歯の場合、噛む力が十分でないためかたいものが食べられなかったり、歯茎と入れ歯の間に食べ物が挟まって痛いなどの問題が起こります。一方、インプラントの場合は骨にしっかり固定されているのでかたいものはもちろん、ほとんど全ての食べ物を今まで通り食べることが出来ます。金額が高くなってしまうことと手術が必要なことはデメリットですが、いつまでもおいしい食事が食べられるのが魅力ですよね。

インプラントにすると噛み合わせが良くなる?

噛み合わせが悪いと、食事がしっかり噛めないばかりでなく頭痛や肩こりなどの原因になってしまいます。その原因として、ほんの少しの歯の高さのズレや虫歯などがあります。最初は少しのズレでも、あごの関節がゆがみ、その歪みが全身の骨格まで影響を与えるといわれています。かみ合わせが悪いせいで歯ぎしりを起こすとほかの健康な歯までダメになってしまいます。インプラントの場合は、噛み合わせを考慮して作っていくことで矯正することが可能なので肩こりなどが改善することも多いです。

歯としゃべりやすさには大きな関係性が!

入れ歯を入れている方がしゃべっていると、時々聞き取りにくいことがありますよね。歯は、発音や滑舌に大きな影響を与えます。歯が悪くなって、しゃべりにくいと人前に出るのも嫌になり家に閉じこもりがちになるという話は良く聞きます。インプラントの場合、しっかり固定されていてしゃべるときに空気が抜けないので今までのようにしゃべることが可能です。会話が脳の健康に大きな影響を与えているというのは有名な話ですが、インプラントはそういう面でも健康に良い影響を与えるといえるでしょう。

三鷹のインプラントでは、丁寧な治療で定評のあるクリニックを利用できるため、優れた仕上がりを期待できます。